ONELOVE すべての犬に愛と家族を。

special interview

機能性ドッグウェアブランドALPHAAICON(アルファアイコン)で知られるアイコンズは、犬の洋服によって様々な問題を解消し「飼い主の喜び=愛犬の喜び」となることを目指す企業です。一方でONE LOVEプロジェクトのサポートパートナーとして、活動を支えてくださっています。今回は取締役の水嶋さんに、アイコンズの原点とも言うべきウェアのコンセプトについて、企業として殺処分問題にどのように考えているのかを伺いました。

ONE BRAND(以下、O.B.) アイコンズさんが展開している犬用ウェアブランド「ALPHAICON(アルファアイコン)」のウェアは、機能性の高さが特徴ですね。

水嶋 ALPHAICON(アルファアイコン)は「デザイン」「着心地」「機能性」「必要性」にこだわった日本・札幌発信のドッグウェアブランド。長年ペット業界で活躍し、愛玩犬からショードッグまで様々な犬種を見てきたスタッフが、人と犬、双方の目線で愛犬生活の「遊び」「喜び」「悩み」を考え、ドッグウェアを着せることで様々な問題を解消し、「飼い主の喜び=愛犬の喜び」とすることを目指して、2001年にスタートさせたのが、アルファアイコンなのです。以来、体形の違う様々な犬種にフィッティングを繰り返し、愛犬にとっての着心地や人間にとっての機能性を追求。犬の目線から見て必要だと思うものを妥協せずに作り続けてきました。
今は愛犬と一緒に行動できる範囲が広がり、社会環境も大きく変わりつつある時代ですが、アルファアイコンは、変わらないベーシック(定番・必需品)をテーマに良質なドッグウェアを提供することを通じて、パートナーとしての犬の魅力をより多くの方々に伝えていきます。そして、単なるペットブームとは一線を画した、お互いの存在を喜び合える人と犬との関係を広めていくこと。これがALPHAICON BASICの原点です。

O.B. 一般的に売られているウェアとの最大の違いは何ですか?

水嶋 一言でいえば、愛犬にとっての動きやすさ・着心地のよさを追及して作っている点でしょうか。犬ってウェアの着心地には意外と敏感で、特に神経質なコは、体に合わないウェアだと歩けなくなっちゃうくらいなんですよ。でも弊社のウェアは、犬種別に骨格に合わせて起こしたオリジナルの立体裁断設計パターンを使用、もちろん生地も厳選して、犬へのストレスをできる限り軽減。動きやすさについては、絶対の自信を持っています。一般の飼い主さんだけでなく、アジリティやエクストリームの競技犬の飼い主さんにも「これなら着たまま走れる!」とご好評いただいているんですよ!
さらにウェア自体に防水機能や撥水性、保温性など様々な機能が充実しているので、雨や雪の日でも気軽に散歩に行けますし、寒い日の雪遊びや夏の川遊びもより快適に。つまりアルファアイコンのウェアを愛犬に着せることで、愛犬と楽しめるシーンや時間がぐっと増えるんですね。

O.B. 実際に着せてみた飼い主さんからは、どんな感想が寄せられているのでしょうか?

水嶋 アルファアイコンのウェアにしてから、愛犬のケアがすごく楽になった、という声を多数いただいています!体にフィットし、犬を覆う面積も広く、汚さない工夫をしているので、雨の日の散歩でも汚れにくいですし、雪国の愛犬家を悩ませていた雪玉の問題も解消。あるお客様は「以前は雨や雪の日は、散歩の後に毛についた雪玉を取ったり毛を乾かしたりして、小一時間はケアに時間をとられていたけど、アルファアイコンだと汚れないから、10分もかからなくなって、助かる~!」という声をいただきました。
また、今まで「毛が汚れたり、雪玉がつくと面倒だから…」と躊躇していた、雪遊びや川遊びなどアウトドアにも行きやすくなった、という声も。「雪山にいってきました!」と、ウェアを着た愛犬の写真を送ってきてくださったお客様がいて、とても嬉しかったですね。

O.B. 飼い主さんもケアが楽になると、余裕を持って愛犬と接することができるようになりますよね!

水嶋 そうなんです!今の時代、忙しい人が多いですから、犬のために毎日たっぷり時間をかけられる人って限られていると思うんですよね。短い時間に効率よくケアできたら、その分、犬と一緒にくつろいだり、遊んだりできるわけですから、一石二鳥です。それと、これはとても残念なことですが、ケアが負担になると犬への関心が薄れて、飼養放棄してしまう人も出てきます。これを防ぐためにも、もっと効率のいいケアの一環として、アルファアイコンの商品を提案していけたらいいなと思っています。

O.B. アイコンズさんでは、愛犬と一緒に出かける旅・ペットツーリズムを楽しむライフスタイルを提案されていますね。

水嶋 そうですね。ペット連れの旅行と言うと、「移動が大変」「排泄面が不安」「周囲の人に迷惑をかけそうで心配」といった理由で躊躇される方も多いですよね。でも、飼い主の意識と選ぶグッズ次第で、快適な旅ができるんですよ。
まず提案したいのは、やはりウェア。すっぽり体を覆うアルファアイコンのウェアを着せておけば、抜け毛が衣類や車のシートなどにくっついたり、ホテルの部屋で毛が舞ったりするのを防げます。また、マーキングやおしっこに不安があるコには、「マナーバンド」を装着させておけば、安心です。
もちろん、社会の一員として基本的なしつけをしておくことが大前提ですが、グッズやウェアの選び方次第で、犬と一緒にもっといろんな場所で豊かな時間を共有できるものなのです。そして、犬との生活を楽しむ人たちの姿を通して、もっと多くの人に「犬と生活することって、楽しいよ!素晴らしいよ!」ということが伝われば、犬に興味を持ったり自分と犬との生活を見直したりする人が増えていくはず。そうやって例え少しずつでも、犬と人との共生が質・量ともに向上していけば、結果として、犬にとって今よりももっと暮らしやすい社会が実現できるのではないか、と私たちは考えています。

O.B. なるほど、確かにそうですね。しかし、いまだに日本では年間4万頭以上の犬が殺処分されており、残念ながら、まだまだ犬が暮らしやすい社会とは言い難い状況です。

水嶋 本当に残念ですね。犬に関係の深い企業の一員として、アイコンズでも殺処分の問題には大きな問題意識を持っていますし、これからも真摯に向き合っていきたいと考えています。メーカーとして良質なウェアやグッズを作り、犬との豊かな生活を提案することが私たちの使命。保護犬や殺処分について直接的なアクションを起こすことはまだできませんが、収益の一部を、ONELOVEの活動を通じて、保護犬に係わる様々な活動に役立てていただきたいと願っています。私たちが気持ちを込めて作ったウェアが、多くの飼い主さんの共感を呼び、口コミで全国に広がったのと同じように、殺処分問題も一人一人が熱意を持って誰かに伝えれば、いつか必ず、社会を動かすようなムーブメントにつながっていくのではないでしょうか。

O.B. 水嶋さん、ありがとうございました!ONELOVEスタッフも引き続き頑張っていきたいと思います!

水嶋慶太(みずしまけいた)

『ALPHAICON (アルファアイコン)』
http://www.alphaicon.com/


SUPPORTER サポーター募集中!

詳しく見る

累計寄付金額46,211,799円

寄付実績

パートナー