ONELOVE すべての犬に愛と家族を。

special interview

ラジオパーソナリティーとして活躍する片桐八千代さんは、現在日曜日の朝の生番組『ENJOY THE SUNDAY』(NAC5)を担当しておられます。休日をエンジョイするための情報を提供する中で、犬をテーマにしたコーナー『ワンダフルサンデー』では犬との楽しい情報を発信しており、人気を集めています。愛犬家である片桐さんに「ぴっく」ちゃんとの出会いや、今後番組で行いたいONE LOVEな企画についてもうかがいました。

ONE BRAND(以下、O.B.) 片桐さんがパーソナリティを勤めておられる『ENJOY THE SUNDAY』について教えてください。

片桐 日曜日の朝から正午にかけて放送しているので、ゆったりとした流れの中で明るい番組ですね。これからみんなが遊びに行くのに役立つ情報をお届けしたり、お家でのんびり聴いている方にも楽しめるような、ちょっと寝坊してもウキウキした1日になるようにと思っています。

O.B. 色んなコーナーがあって、出演者の皆さんも多彩で、本当に楽しそうですね。その中で『ワンダフルサンデー』は犬に関するコーナーですけれど、リスナーの皆さんからの反響は如何ですか?

片桐 質問や投稿など、どんどん増えていますよ。みんな犬の事を話したいんですよね。もちろん犬を飼っていない方にも楽しんでいただけるように、お写真を送ってもらって番組サイトに掲載しているんですけど本当に最高ですよ。皆さんプロのカメラマン、どうしても可愛く撮りたいという熱意が凄いし、その犬の事を一番よく知っていますからね。個人的には皆さんの写真から様々なワンちゃんとの関わり方が伝わってくるので、どれも素敵だなぁと思っています。これからはワンちゃんリスナーも増えていくといいな。

O.B. さて、今日は片桐さんの愛犬も一緒に、生放送のスタジオに来てくださっていますのでご紹介いただけますか?

片桐 片桐ぴっくです。2004年の10月1日生まれで、気の強い女の子です。名前の由来は、この子ちっちゃいでしょう?赤ちゃんの時はもっとちっちゃくって。どこにいるのかわかんなくなっちゃうなぁと。ちょうどその時ギターを教えてもらっていて、ギターのピックってちっちゃくてよく無くすじゃないですか。相当ギターにはまっていたので、すかさず「ぴっく」にしました。

O.B. ぴっくちゃんの前にも犬を飼っておられた経験はおありですか?

片桐 前の犬は、ビーグルだったんです。13才くらいで死んでしまって。一家総動員でペットロスになって、それから7年ぐらい全然飼えなくて。ある日、友人のアーティスト宅に行ったときにチワワがいて、可愛いなぁ〜、いいなぁ〜って思ったんです。それで私のライフスタイルを考えると、仕事で忙しいから散歩に長時間連れていかなきゃいけない犬種は難しいし、実家にも預けたりもするので、親が世話する事を考えるとチワワだったら抱っこできるから良いかなと思ったんです。それに、ぴっくが選んでくれた様な気がしますね。私の家に来るべくして来た犬だと思っています。

O.B. ぴっくちゃんとの暮らしはいかがですか?

片桐 犬から学ぶことは多いですね。私は言葉を使う仕事をしているんですけど、表情とか仕草でこんなにも伝えることができるって事を、一番大切な事を教えてもらっているような気がするんですよ。それに人間って色々な条件があるじゃないですか。こうボーイフレンドには"背が高い"だとか"年収がいくらだ"とか。そんな条件じゃなくって『私はあなたが好きですよ』ってそれだけですよね。そうすると相手も心を開いてくれるという事も教わっています、無償の愛ですよね。

O.B. 以前、『ワンダフルサンデー』でONE LOVEの話もさせていただきましたが、片桐さんの想いをお聞かせいただけますか?

片桐 この犬を飼うときにマイクロチップを埋め込んだんですね。そうすると自分の名前と基本的なデータが分かるじゃないですか。これって責任を持って命を大事にするという事になるんじゃないかと思います。犬には何の責任もないんですから、買う側の責任というか覚悟が問われているんじゃないでしょうか。あとはもうちょっと大きな目で見ると、ペットショップとかワンちゃんを販売している所で、新しい飼い主さんを探していますっていうコーナーを作ってもらえたらなと思いますね。それで、その犬の写真と性格を動物病院とか、グッズショップ、ドッグカフェなどで告知する、もちろん私の番組でも声かけをしていくような形が作れると良いですね。だって手放さざるを得ない事態って、誰の身にも起こり得るじゃないですか?そのときに直ぐに保健所へ、とならないように犬を飼っている人間が、一時預かりを気軽に行えたり、次の新しい飼い主さんを探すことが出来たりすれば良いですね。もちろんワンちゃんを飼う前に"どんなお家で、犬の為にどれぐらい時間を割けますか"と聞かれたので、それも自分への再確認になりますよね。"家族全員が参加していますか?"とか、"家族全員で犬が好きですか?"とか"お散歩に行く時間はとれますか?"とかっていう項目があるますから、もしかすると"飼いたいけれど、これは出来ないかも・・・"という結論になる場合もあるのではないかと思います。

O.B. 飼い始めたときの愛犬への想いがずっと続けば、また違うのかもしれませんね。

片桐 やっぱり死ぬまで"この家に来て良かったな"って犬たちに思って欲しいですもんね。今度、番組の中で皆にそういったこうアイデアみたいなものを出して貰うような企画もやってみたいですね。どうしたら、悲しい思いをするワンちゃんを減らすことが出来るのか、一度考えてみたいです。

O.B. それで良いアイディアがあれば、ワンダフルサンデーとONE LOVEで一緒に取り組んでいきたいですね。それでは片桐さんから皆さんへメッセージをお願いします。

片桐 ワンちゃんの飼い主同士って、同じ地域の人とは公園で繋がりがありますけれど、他の地域の人が愛犬とどんなことをしているか知らない方も多いと思うんです。『ワンダフルサンデー』はその繋ぎ役をさせて頂きたいなと思っています。また、今後「ONE LOVEプロジェクト」の活動をはじめ、犬の殺処分を減らすためのメッセージなどももっと多くの方にお届けしたいです。どうしたら、悲しい思いをするワンちゃんを減らすことが出来るのか、リスナーの皆さんと一緒に考えていきたいですね。ですから、このメッセージを読まれた方は、ぜひ番組にご意見をお寄せ下さい。「こうしたらもっとワンちゃんたちがハッピーになる!」というアイデアなど。また愛犬の写真をワンダフルサンデーに送ってください。そうすると、NACK5のホームページにもあなたの愛犬が載るかもしれませんので。愛犬家リスナーの皆さんと一緒に作っていくコーナー「ワンダフルサンデー」、たくさんのご応募をお待ちしています。

片桐八千代(かたぎりやちよ)


SUPPORTER サポーター募集中!

詳しく見る

累計寄付金額42,882,338円

寄付実績

パートナー



当サイトのリンクについて