ONELOVE すべての犬に愛と家族を。

special interview

TBSアナウンサーとしてニュースやラジオ番組などを担当している秋沢淳子さん。 一方では愛犬・日の丸君との毎日をお届けするwebサイト『にっぽんワン!!だぁ報ぉ~♪』の中で、「笑む犬(えむわん)グランプリ」というフォトコンテストを実施するなど、「愛犬家アナウンサー」としても活躍しています。またプライベートでは、国際協力を行うNGOの理事や、街の清掃活動を行うなど、ボランティア活動に積極的に関わっています。さて、いったいどんなワンコ話が窺えるのでしょうか?

ONE BRAND(以下、O.B.) 秋沢さんが日の丸君と暮らすようになって何年になりますか?

秋沢 飼い始めたのは平成18年のお正月でしたから、5年ちょっとですね。きっかけは一戸建てへの住み替えでした。それまでも「犬を飼いたいなぁ」とは思っていましたが、マンション暮らしだったので叶いませんでした。その後、家を建てることになり、一段落したころに「じゃあ、犬でも飼おうか?」という話になりました。私も主人もマズルが長く、まさに犬らしい顔をした犬が好きだったものですから、犬種をコーギーに絞って探したところ、ちょうどいいタイミングで出会ったのがこの日の丸だったんです。あ、お年玉セールで3万円引きだったことは日の丸にはナイショにしておいてください。(笑)

O.B. 秋沢さんは犬と暮らした経験はおありだったんですか?

秋沢 実家に住んでいたころは、弟が小児喘息だったので飼うことすら考えませんでした。ですから日の丸が初めての愛犬です。初めての犬との暮らしはまさに手探りで、未体験の連続でした。今となっては笑い話ですが、仔犬の頃、甘噛み行動が理解できず、「なぜ私を噛むんだろう?ひょっとして私のことが嫌いなのか?」と真剣に考え、仕事中の主人に泣きながら電話した事もあったくらいでした(笑)。

O.B. 秋沢さんもご主人もテレビ局勤務という、特に時間に不規則なお忙しい仕事をしておられますが、そんな中で犬を飼うことって大変じゃなかったですか?

秋沢 幸いなことに休日や仕事時間がずれているんです。昼から深夜にかけて仕事の主人と、朝の番組を担当している私ですから、そんなに長い時間日の丸を留守番させることが無いんですね。日の丸がほんとに小さい、4~5時間おきに食事をあげないといけない頃だけは、昼休みを使って家に帰ったりもしていましたけれども。

O.B. 秋沢さんはそんな中でも様々な場面で、非営利の立場で、社会に関わっておられますね。

秋沢 私は高校時代にニュージーランドで1年間、「独りぼっち留学」を体験したんです。(財)AFS日本協会の奨学生として留学したのですが、日本人社会から日本人いっぱいの現地学校へ通うスタイルではなく、現地ホストファミリーの家に住みながら、現地の方ばかりの学校で勉強をするというものでした。それは凄く心細い毎日でしたが、関ってくださる方はすべてボランティア。もちろんホストファミリーも無償で私を引き受けてくださっていました。縁もゆかりも無い日本の子どもを受け入れて、食べさせて、相談に乗ってくれて、助けてくれて、学校に通わせてくれるんですね。・・・これって凄いことですよね。見返りを求めない、無償の愛をもの凄くリアルに感じたことで、世の中はお金だけで成り立っている訳ではなく、そこに生きている人間や動物全てが助け合って成り立っているんだなって、16歳のときに強烈に刷り込まれたんです。だから今、こうやってここまで生きてこられた中で、今度は私が自分の立場で出来ることをやりたいな、と思っているんですね。

O.B. 私たちはつい、要求や批判で終わってしまいがちなので耳が痛いです。

秋沢 動物の問題も含めて、世の中には解決しないといけない問題が沢山ありますよね、高齢者の問題や、子ども達の保育についてとか。多くの問題がある中で、1人の人間ができる事は限られますが、でも結局のところ、誰か立ち上がって「やるぞー」って声を上げないと、物事は進まないと思うんです。何か大げさに感じるかもしれないでしょうが、1日24時間の中で、10分だけでもいいから、ちょっとだけ他者について考える時間を持つだけで、世の中はもっと変わってくると思うんですね。
例えば…の話ですが、私は、月に2回、会社が始まる前の朝に、有志と赤坂でごみ拾いをやっているんですが、みんなが自分の家の前と同じ意識を持って、ゴミを捨てず、ゴミを拾えば、この活動は必要ないものとなります。そうなればいいなぁ…と思いますね。

O.B. スリランカやガーナへの支援も行っておられますよね。

秋沢 数多くの海外での窮状を耳にする中、まずは現地でお手伝いをしてくれる友人のいるスリランカとガーナから始めることになりました。特にスリランカでは、皆様のお力添えのおかげで、若者や子供たちを教える学校や、孤児を生活させる孤児院を建設することができました。おかげさまで活動は順調で、今年11年目を迎えます。孤児院では18人の女の子たちが生活をしています。特に孤児院は始めた以上、彼女達が成人するのを見届ける義務があります。この活動は私が責任を持って、続けられる限り続けます。この活動は終わりが無いんですね。なぜなら、一人巣立てば、また一人、次の子が入ってきますから。

O.B. 犬の問題についてはどうお考えですか?

秋沢 これに関しては、ONE LOVEさんの旗振りの下、飼い主さんたちが意思表示を始めましたよね。ただ、個人個人が自発的にこういうことをやっていくには、まだまだ火種が小さく、難しいと思うんです。しかし、ONE LOVEさんが場を作った事で、様々な賛同者が参加することができ、そのメッセージを読んだ人がちょっとでも共感してくれ、結果的にいくつかのアクションが生まれたのは凄いことだと思います。特に今の日本では、そういう情報を出し続けていくことが必要なのだと思いますね。
最近は、私のようなテレビやラジオに出る人間が、やるべき事をきちんとやっていれば、少しは見本になれるかな…って思うようになりました。最初は「売名行為でしょ?」って言われる事も多く、目立たないようにヒッソリやっていたんですけれど、これでは世の中は変わらないな、と感じることが多くなりました。だから、聞かれればきちんと答え、興味を持っている人がいれば説明にも行きます。今後は犬の問題についても、積極的に取り組んでいきたいなと思っています。だって「犬を捨てる」ってどう考えてもおかしいですよね。本来、日本人は自然と共に生活していて、世界でも稀にみるとても素敵な精神構造や文化を持った国といわれていたのに。だから殺処分は絶対ゼロにしたいですね。同じ観点から、24時間電気を煌々と点けて、子犬を売っているお店を見ると、胸が痛みます。

O.B. 秋沢さんには以前から『にっぽんワン!!だぁ報ぉ~♪』 の中で「ONE LOVEに賛同しています」というメッセージを出し続けていただいていて、本当に感謝しています。

秋沢 今後は『にっぽんワン!!だぁ報ぉ~♪』に投稿いただいた犬たちの写真を使って、カレンダーを作って販売し、売上の一部をONE LOVEに寄付するような活動もしたいと思っています。もっと沢山の投稿があれば実現に近づきますので、皆さん「笑む犬(えむわん)グランプリ」に、ぜひご参加ください。

O.B. 秋沢さんとのコラボレーションで誕生したドネーション商品『ONE LOVEイヤープレート』も1人でも多くの方に購入いただきたいですね。

秋沢 ご自身の愛犬を手書きで書いた有田焼の世界で1枚のお皿ですし、安全な色素を使っているので、実際にお使いいただくことも可能です。愛する犬との記念に、毎年愛犬の誕生日に一枚ずつ集めてみるっていうのも、良いかもです。
どうか皆さん、私たちの活動にお力を貸してください。どうぞよろしくお願い致します。

秋沢淳子 (あきさわじゅんこ)

秋沢淳子の『にっぽんワン!!だぁ報ぉ~♪』
http://www.tbs.co.jp/anatsu/wanwan/
『一般社団法人SPUTNIK International』
http://www.sputnik-international.jp/


SUPPORTER サポーター募集中!

詳しく見る

累計寄付金額42,882,338円

寄付実績

パートナー



当サイトのリンクについて