ONELOVE すべての犬に愛と家族を。

special interview

飯島茜さんは、日本女子ゴルフ界の注目のヒロイン。昨シーズンは、ツアー2勝を挙げ、賞金獲得額も自己最高を記録している。今回、そんな飯島さんにお話を伺うことになったのは、2009年から飼いはじめた犬の存在がその強さの一端を支えていると聞いたから。もと猫派の彼女が、そのウワサの真相、そしてONE LOVEについて熱く語った!

犬を飼うなら、ある程度の自由を犠牲にする覚悟も必要です。

ONE BRAND(以下、O.B.) 飯島さんは、かつて猫派だったそうですね?

飯島 はい。18歳から2年間ほどニュージーランドにゴルフ留学していたんですけど、ホームステイ先で飼われていた猫がすごくかわいかったんですよ。それで、一気に猫が大好きになり、千葉の実家でも、ぽっちゃん(チンチラ・オス)という猫を飼うようになりました。もう彼は7歳になりますね。

O.B. 犬はお好きじゃなかったんですか?

飯島 いえ、基本的には犬も嫌いじゃなかったですよ。ただ、先に猫を飼っていたので、自分には縁の薄い存在だと考えるようにはなっていました。

O.B. そんな飯島さんのところに、いま、パンくん(1歳半オス)とばぶちゃん(5ヵ月メス)というトイプードルが2頭もいるわけですが、それは、なぜ?

飯島 2009年の秋のある日、ツアーから帰ってきたら、いきなりパンくんが家にいたんです。私に予告もなく、妹の遙が勝手に連れてきちゃったんです(笑)。去年の秋にウチにきた2頭目のばぶちゃんの場合も、そう。おもに妹の意志によるものですね。

O.B. 予想してなかった犬の出現。驚かれたでしょう。

飯島 正直、びっくりしました。だけど、なんだかでっかいダンゴムシみたいで、それがあまりにかわいくて、もう、心は瞬間的に受け入れOKの状態になっていました(笑)。心配していた猫のぽっちゃんも、あまり犬の存在を嫌がっている様子を見せなかったので、ああ、これならなんとかやっていけるかなって思い……。実際、その後もケンカもせずに、けっこう仲よくやってますよ。

O.B. 犬を飼うようになって、一番よかったと感じることってなんですか?

飯島 私が自宅に帰ると、なにがあっても必ず大喜びして出迎えてくれることですね。例えば、試合で予選落ちして気分を落ち込ませたまま帰ったとしても、そんなことはまったく関係なく大喜びの状態ででてきてくれる。これは嬉しいですよ。癒されるし、一瞬にして心のスイッチを切り替えることができます。あ、ちなみに、マイペースな猫のぽっちゃんは、こういうことは一切してくれません(笑)。

O.B. 飯島さんは去年ツアーで2勝し、賞金獲得額も自己最高を記録しています。もしかして、犬を飼ったことで、競技生活にもいい影響がでているということでしょうか?

飯島 はい、ときどき試合会場に家族といっしょに犬も応援しにきてくれるんですけど、朝と晩に犬と触れあうだけで心底リラックスできる。メンタル面では、すごくいい影響がでていると実感してますね。

一流アスリートになって動物愛護に協力したい!

O.B. さて、犬派にもなった飯島さんにお尋ねします。現在、日本では8万頭以上もの犬が殺処分されているわけですが、これは、犬を捨ててしまう人たちがたくさんいることが大きな原因の一つになっています。こういう状況については、どう思われますか?

飯島 「好き」とか「かわいい」という一時の感情だけで飼う人が多すぎるから、そういうひどい状況が生まれてくるんじゃないでしょうか……。もちろん私たち家族も、犬を飼うと決めた際には、かわいいという感情が真っ先にわき起こりましたよ。でも、同時に、飼うなら自分たちの自由をある程度は犠牲にしなければならないという覚悟もしたつもりです。つまり、犬のために、家族のだれかが惜しまず労力や時間を割かなければならないと考えた。もし、こういうごく基本的な覚悟ができないなら、犬を飼ってはいけないと思いますね。

O.B. そんな状況がある一方で、殺処分されそうな犬を保護し、新しい飼い主を見つけるためのボランティア活動に奔走している動物保護団体の人たちもたくさんいます。こういう活動があるということについては、どのようにお感じになりますか?

飯島 「かわいそうな犬たちを助けたい」と口でいうのは簡単です。でも、みなさんは、実際にそれを行動に移していらっしゃる。本当に素晴らしいことだと思います。

O.B. 今回は、飯島さんにはONE LOVEブレスレットをしていただき、こうした活動への支援を表明してもらっているわけですが、今後、なにかほかに協力したいと考えていることってありますか?

飯島 欧米の一流のアスリートたちは、たくさんの賞金を獲得しながら、それに見合った社会貢献活動をしているじゃないですか。いずれ私も、そんな尊敬すべきアスリートの一員になれればいいなって考えています。

O.B. 具体的には?

飯島 まず、ことしはツアーで4勝し、賞金女王レースにも参加できるような選手になることをめざしたい。そして、そんななかで、動物保護団体へのチャリティなどにも取り組めるようになれればいいかなって思ったりしています。

O.B. 素晴らしい。ぜひ、がんばってください。応援してます!

飯島茜(いいじまあかね)

1983年千葉県生まれ。堀越高等学校卒業。
13歳からゴルフをはじめ、その後アマチュアとして数々の輝かしい成績を残す。2005年にプロ転向。翌06年にツアー初優勝して以降、07年に2勝、08年に1勝、10年に2勝を挙げている。現在、実力と美貌を兼ね備える選手として、もっとも注目を集める一人。
もともと実家で猫を飼っていたが、そこにパンくん、ばぶちゃんというトイプードル2頭が加わった。

『飯島茜 オフィシャルウェブサイト』
http://akane-iijima.jp/
取材協力/ドッグショップBurg 千葉県四街道市亀崎1269-4
http://dogshop-burg.com/


SUPPORTER サポーター募集中!

詳しく見る

累計寄付金額44,380,368円

寄付実績

パートナー



当サイトのリンクについて