ONELOVE すべての犬に愛と家族を。

special interview

ポップで可愛いファンタジーな女の子をイメージしたアクセセサリーと雑貨を作っていた高萩さんが、愛犬のためのアクセサリーを作り始め、今ではペットの業界でも注目を集めるブランドとなりました。お子さんが生まれ、家族が増えることで愛犬との暮らしを見つめ直したこと、次回の売上の一部が寄付になる商品についても発表いただきました。

ONE BRAND(以下、O.B.) 高萩さんが代表を務める、アクセサリーブランドchi^kuでペットアイテムを発売するようになったきっかけは何ですか?

高萩 2005年ごろ、実家で飼っていたフレンチブルドッグに何かアクセサリーをつけたいと思っていろいろ探したのですが、当時はまだ犬用アクセの種類が少なくて、とても高価だったので、「じゃあ、自分で作っちゃおう」と(笑)。それでいろいろ材料やデザインを考えて自作し、実家のフレンチブルや自分の愛犬たち(ボストンテリアのミルクとハニー)に付けていたら、すごく好評だったので、商品化することに決めたのです。

O.B. chi^kuさんでは、ONELOVEの活動に賛同して下さり、これまでchi^ku×ONELOVEのコラボ商品2種類を発表、収益の一部をご寄付いただいています。殺処分問題に関心を持つようになったのはなぜですか?

高萩 実はたまたまONEBRANDのマガジンを読んだのがきっかけなんです。もちろん、それまでも殺処分のことは知っていましたが、こんなに数が多いとは思っていなくて、すごくショックを受けてしまって…。犬に係わるビジネスをしている以上、これは見過ごせない問題だと思ったんです。そして、もっと詳しく問題の実態が知りたくて、動物愛護団体・アークに問い合わせ、シェルターを見学させてもらうことに。そこで見聞きしたお話も、私の想像を超えた内容で、またもや大ショックを受けてしまいました。一番悲しかったのは、自ら保健所に飼い犬や猫を持ち込む飼い主がいるということ。「引っ越しするから」「病気になったけど、治療費が出せないから」という理由だそうですが、ありえないですよね?
身勝手な人間の愚かさに怒りさえ覚えました。
一方、保健所から犬や猫を保護して、新しい飼い主を捜す活動をしている保護団体の皆さんの熱意には、心から感動しました。調べてみると、新しい飼い主が見つかるまで、医療費や食費などで月に約4万円かかるのだとか。chi^kuがこの費用の一部をサポートできたら嬉しいなと思って…。それでONELOVEさんに相談して、コラボ商品の発売に至った、というわけなんです。

O.B. コラボ商品について、お客様からの反応はいかがですか?

高萩 「すばらしい取り組みだね!」と、共感してご購入下さる方が多いですね。「chi^kuは、犬のことを本当に大切にしているブランドなんですね」って言って下さる方もいて、ブランドイメージのUPにも繋がっているように思います。また、今まで殺処分のことを知らなかった若いお客様が、chi^kuの商品を通じて初めて殺処分のことを知り、関心を持って下さったこともあって、とても嬉しかったです。
もちろん、ご批判もあります。「犬に洋服やアクセサリーは必要ない」というご意見です。でも、私は私に今できることをしたい、と思うタイプ。どんな問題にせよ、批判ばかりして自分では何もしない人間にはなりたくない。まだ微力ですが、批判や失敗を恐れて何もしないより、ずっといいと思っています!

O.B. とても精力的にお仕事を展開している高萩さんですが、小さなお子さんのママでもあるんですよね!子育てと2頭のワンちゃんの世話、そしてお仕事…、大変ではないですか?

高萩 大変は大変ですが(笑)、子供が小さい今の時期に犬と一緒に過ごすのは、とても良いことだと思っています。子どもって、小さいころから犬が間近にいると、人間以外の生き物の存在をすごく自然に受け入れられるんですよね。うちの子はまだ2歳ですが、犬たちが寝ていると「風邪ひくよ~」なんていいながら、毛布を掛けてあげたりして…(笑)。
一方、犬のいないご家庭のお子さんは犬を怖がって拒否しちゃう子が多いようです。どちらがいいというわけではありませんが、犬と一緒にいることで、自分と違う生き物への優しさや、労りの心が育ちやすいんじゃないかな~って思います。小さいころから、こういう優しさを身に付けておけば、自分の勝手でペットを保健所に持ち込むような大人には育たないんじゃないかな。

O.B. 確かに子供のころの教育は大切ですよね。

高萩 大人への教育の必要だと思いますよ~。例えば犬を飼う前に「犬を飼うのは楽しい半面、大変なことでもあるんだよ!」っていうことを教わる機会があるといいですよね。その上で、最後まで飼う自信がない人は絶対に飼うべきじゃないと思いますヨ。いずれにせよ、もっと命の大切さを学ぶ機会を増やして、1人1人の動物への意識が高まれば、殺処分も減るだろうし、犬と人がもっと楽しく暮らせるようになるんじゃないかな。

O.B. 2013年6月には、chi^ku×ONELOVEのコラボ第3弾のアイテムが発売されます。
今回の商品の特徴は何ですか?

高萩 今回は首輪とリードのセットです。通常、chi^kuの首輪やリードには、品質を重視して天然素材(牛皮など)を使用しているのですが、今回は動物愛護の精神にのっとって、動物の皮を使わず、合皮を使用しました。合皮といってもかなり厳選して質の良いものを使用していますので、強度も見た目も全く問題なく、安心してご利用いただけます。もちろん今回もONELOVEさんを通じて、収益の一部を動物愛護活動に役立てて頂く予定です。愛犬とオシャレを楽しみつつ、動物愛護にも貢献できる一石二鳥の商品、皆さん、ぜひチェックしてみてくださいね♪

O.B. 高萩さん、ありがとうございました!

高萩智恵

chi^ku
http://www.peach-mall.com/