ONELOVE すべての犬に愛と家族を。

special interview

舞台やテレビなどで独自のお笑い感覚を発揮し、大きな人気を博している女優の柴田理恵さん。雑種で脚に障害をもつ犬と暮らす心やさしい愛犬家としても知られており、昨年は、その顛末を描いた感動の著書『晴太郎.3本足の天使』を上梓している。今回、この柴田さんに、愛犬・晴太郎くんのこと、そして、ONE LOVEプロジェクトへの共感などについて伺った。

3本足の晴太郎は、みんなに生きる勇気を与えてくれます!

ONE BRAND(以下、O.B.) 柴田さんは、もともと犬がお好きだったんですか?

柴田 はい。とにかく母が犬好きで、幼い私に、なにかあるたびに犬のぬいぐるみを買い与えてくれました。かわいい女の子のお人形さんなんて、一度も買ってくれないんです。それで、すりこまれた感じですね(笑)。

O.B. ご実家で、本物の犬を飼われた経験は?

柴田 小学校3年のときから高校生になるまで、タローという名の雑種犬を飼っていました。近所の写真屋さんのところで生まれた子で、それをもらい受けたんです。

O.B. そのタローくんとは、どんな思い出が?

柴田 親に叱られて、家に入れてもらえなかったときに、タローの犬小屋に泊めてもらったことがあります(笑)。私は一人っ子だったから、太郎とは、まるで姉弟という感じのつきあいをしてましたねえ。

どんな犬にだって生きている意味が必ずあるんです。

O.B. 昨年だされた本『晴太郎.3本足の天使』には、3本足という障害をもった子犬の晴太郎くんが捨てられているのを見つけて、引き取られるまでの経緯や、その後の彼との楽しい生活の様子などが描かれています。あえてお聞きしたいのですが、当時、犬を捨てるという行為に直面されて、どんな思いをもたれましたか?

柴田 もう、ほんとに憎たらしかったですね。だれかが、彼を段ボール箱のなかに入れて、ヒト気のない不法投棄のゴミの山の陰にそれを捨てていたんですが、どうしてこんなにひどいことができるんだろうと思いました。じつは、その段ボールのなかには、わずかにエサが入れられていたんですけど、それを見て、さらに怒りがこみあげたものです。捨てた人は、自分のやっていることを少しでも正当化しようと、そういう気休めのようなことをしたんでしょうけど、逆にそこに人間のすごくイヤな部分というのが透けて見えましたよね。

O.B. 雑種で、しかも障害があるということが、捨てられる要因のひとつになったのでしょうか。

柴田 そうでしょうね。でも、雑種でなにが悪いのよ、って思いますよ。世の中、みんなアイドルみたいにかわいい子ばっかりだったら、つまんないでしょ? そこに不美人がいるからこそ、面白いことになるんです。まあ、比喩は悪いかも知れないけど(笑)、それといっしょです。とにかく雑種には雑種なりに生きていく価値があるんです!

O.B. なるほど(笑)。

柴田 それに、脚が悪くても、悪いなりに生きている意味は、まちがいなくあるんです。たとえば晴太郎と散歩していると、よく足の悪い人が「交通事故ですか?」って気にかけてくれるんですが、生まれつきだということを話すと、「そうか、お前もがんばっているんだなあ。よし、オレもがんばるぞ」っていってくれる。晴太郎は、私たち飼い主だ
けでなく、いろんな人に生きる勇気を与えてくれているんです。

多くの人に保護犬の魅力を知ってほしいですね。

O.B. 捨て犬をなくすためには、どのようにすればいいとお考えでしょうか?

柴田 なにより、多くの人に、無意味で生まれる命なんてないことを知ってもらいたいですね。

O.B. 具体的には?

柴田 とりあえずは、犬を飼うには大きな責任がともなうということを自覚することからはじめるのがいいんではないでしょうか。朝晩の散歩、エサやりはもちろん、自分の生活パターンを変えてまでやらなくてはいけないことはいっぱいでてきます。そういうことをしっかり覚悟すべき。その思いがあれば、たとえばペットショップで衝動買いをすることもないでしょうし、あきたからといってカンタンに捨てることもなくなる気がしますね。

O.B. ペットショップで犬を買うことには反対ですか?

柴田 すべてダメだとは思っていません。ただ、私の場合には、子どものころから、犬はもらうか、拾うべきものという意識が根付いているんです。

O.B. 日本には保護犬を家族として迎えるという文化が根付いておらず、統計によるとわずか1%ちょっとの人しか、そういう意識をもっていないようです。これについては、どう思われますか?

柴田 じつは、私と晴太郎の散歩仲間には、保護犬を飼っている人がすごく多いんですよ。で、その犬たちは、みんな個性的で、とても魅力的。成犬でも、ちゃんとしつけされていたりします。……そういう事実、みんな、あまり知らないんじゃないかなあ。知れば、もっと保護犬を飼おうという人、増えるような気がしますけどね。

O.B. なるほど、知らないことが罪ということですね。……ところで、著書には、いつか晴太郎くんが亡くなって辛い思いをしたとしても、もう犬を飼うのはイヤとは思いたくないという覚悟が記されていました。もしものことを聞くのは、たいへん恐縮なんですが、そのときは、保護犬を迎えることを選択肢の一つにすることを考えていらっしゃるのでしょうか?

柴田 はい、そのつもりでいます。次の子も、きっと晴太郎と同じように、なんらかの生きる意味をもって、私の前にでてくるはずなんです。それを見捨てるわけにはいきません。私は、私たちを楽しませてくれた晴太郎への恩返しの意味でも、それをしっかりと受けとめたいと思いますね。

O.B. 最後に、ONE LOVEプロジェクトのドネーション先である、捨て犬の新しい家族を探
す団体のみなさんに向けてエールをいただきたいのですが。

柴田 みなさん、いろいろ大変だと思います。犬が好きなのに捨てるという行為をする人たちがいて、それを現実として見ながら活動するというのは、人間不信に陥るなど、精神的にも疲れるんじゃないかと推測しています。でも、どうか、諦めずにがんばってください。私も、微力ながらONE LOVEプロジェクトに協力し、みなさんの活動の意義を広めていきますから!

柴田理恵(しばたりえ)

1959年富山県生まれ。明治大学卒業。劇団東京ヴォードヴィルショーを経て、84年、久本雅美らと WAHAHA本舗を創立。現在も、そこの看板女優の一人として活躍している。また、数多くのバラエティ番組に出演しており、『ペット大集合! ポチたま』(テレビ東京系)では司会も務めている。2008年には、愛犬・晴太郎との出会いと生活を綴った『晴太郎.3本足の天使』(ソニー・マガジンズ)を上梓。

『オフィシャルブログ』
http://ameblo.jp/shibata-rie/


SUPPORTER サポーター募集中!

詳しく見る

累計寄付金額44,380,368円

寄付実績

パートナー



当サイトのリンクについて