ONELOVE すべての犬に愛と家族を。

special interview

若い女性たちに圧倒的人気を誇る『小悪魔ageha』専属モデルの武藤静香さん。その高〜く盛ったヘアのなかには、犬と老人へのやさしい思いが渦巻いていた!

ONE BRAND(以下、O.B.) 愛犬のエリア(ヨークシャーテリア3歳オス)とバブ(トイブードル3歳メス)、二匹ともずいぶんといい子ですね。

武藤 家ではそうでもないんですけど、人前ではなるべくおとなしくさせるようにしています。たとえば、テーブルの上に前足をかけたら、必ず「ダメ」って厳しくしかったりしてるんですよ。

O.B. なにか特別な思いがあって、そういうしつけを?

武藤 「親の顔が見てみたい」なんていわれるような行儀の悪い犬にはしたくないと思ってるんです(笑)。やっぱり常識がない犬って、周りの人たちからイヤがられるじゃないですか。いくらかわいがっていても、そんな風になっちゃうと逆にかわいそうだな、と。

O.B. そういう思いは、いつから芽生えたんですか?

武藤 うーん、小学生のときから実家で犬を飼っていたので、自然とそういう感覚が身に付いたんだと思います。私、こんな目立つ格好をしているので、常識がないと思われがちなんですけど、案外そうでもないんですよ(笑)。

O.B. 昨年、武藤さんは「犬の里親検定(※仮称)」(日本ドッグオーナーズアカデミー)の模擬試験を受けて、合格されています。しつけの問題ばかりでなく、捨て犬や殺処分の問題についても、かなり意識が高いとお見受けしますが。

武藤 正直いうと、そういう問題については最近知ったばかりなんです。……あれは、老人福祉犬っていうんですか? 一人暮らしの老人の孤独を癒し、孤独死を防ぐために施設に入れられていた犬が活躍しているということを知って、感動したのがきっかけでした。もともと犬好きというのもあるんですが、私自身にも一人暮らしをしている祖母が二人いたりするので、その両面からこの問題への関心が高まっていき、最終的に里親の資格をもちたいなと考えるまでになったんです。

O.B. この春には「犬の里親検定」の本番があるようですが、合格したら、どんなアクションをしていきたいと考えていますか?

武藤 いますぐに捨て犬を引き取るとかはできないんですが、将来的にそういうことができるようになり、そのうえで孤独な老人の手助けができるようになれればなと思っています。あと、私のようなギャル系が資格をもつことで、若い人も捨て犬や殺処分問題に関心をもってくれるような気がするんで、そういう部分でアピールしていけたらという思いもあります。

O.B. では最後に、保護犬の新しい家族を探されている団体さんに応援のメッセージをいただけますか?

武藤 私、基本的に犬好きに悪い人はいないと信じているんですが、保護犬の新しい家族探しをされている団体さんで活動されている方々は、その代表といっていいくらい素晴らしい人たち。心から尊敬してます。どうかこれからも頑張ってください!

武藤静香(むとうしずか)

1987年神奈川県生まれ。16歳で雑誌『egg』でモデルデビューし、19歳から『小悪魔ageha』の専属モデルに。現在、雑誌のみならず、テレビ、CMなど幅広い分野で大活躍。自らプロデュースする部屋着ブランド『Rady』も展開中。

『オフィシャルブログ』
http://ameblo.jp/muto-shizuka/
『Rady』ホームページ
http://rady.in/


SUPPORTER サポーター募集中!

詳しく見る

累計寄付金額42,882,338円

寄付実績

パートナー



当サイトのリンクについて