ONELOVE すべての犬に愛と家族を。

special interview

女子プロレスラーとして第一線を走り続けている井上貴子さんは、子供の頃からずっと犬が身近にいたという、大の愛犬家でいらっしゃいますが、愛犬を亡くしてから、新しい犬を飼うことが出来なかった期間を経て、現在はメスのトイプードル・紅緒(べにお)ちゃんと暮らしておられます。周囲からはそっくりと言われる井上さんと紅緒ちゃんのエピソードから、この春からスタートしたYahoo!チャリティーオークションにも愛用の品をご提供いただいた井上さんのONE LOVEへの想いを伺いました。

ONE BRAND(以下、O.B.) 今日は紅緒ちゃんもお連れいただき、ありがとうございます。紅緒ちゃんって珍しい名前ですね。

井上 うちは以前飼っていた犬が、別府で出会ったので「べっぷ(べーたん)」という名前で、べーたんの子供には「るーじゅ」と付けました。この子の名前は、べーたんの「べ」であり、るーじゅは日本語にして「紅」を使おうと。それで『はいからさんが通る』の主人公の名前から紅緒にしました。

O.B. るーじゅちゃんを亡くされてから、次に迎え入れるまでには時間がかかったと聞きました。

井上 2年くらいですね。るーじゅとべーたんを亡くした悲しみもあって・・・。ペットショップを覗いたりしていると、べーたんやるーじゅと似た黒くてかわいいい子がいたりするから、どうしようかな?と悩んだこともあったけれど、必ず別れが来るんだと考えると、もう飼わないと思ってました。そう思いつつも、次に飼う子には・・・なんて考えている自分もいたんです。紅緒との出会いはちょうど良いタイミングだったのかなぁ。飼う予定じゃなかったんだけれど、ある人から「新しい子欲しい?」と聞かれたんで、気軽に欲しいよと言ったら「会ってみる?」と話が進んで。会ったら、とにかく可愛くて、この子だなと。一目惚れに近かったかもしれませんね。

O.B. べっぷちゃん、るーじゅちゃんと比べて紅緒ちゃんはどうですか?

井上 同じ犬種でもみんな性格が違うから、本当にそれぞれに面白いですね。紅緒は、トイレシーツの上で上手く出来るんですけど、べーたんは冬でもおしっこする時はベランダに出ていたな・・・とか。るーじゅとはああだったなって時々、思い出したりするんです。これも新しい子と暮らすメリットですよ、べーたんとるーじゅも近くにいるような感じがするし。

O.B. お仕事でお家を空けることも多いかと思いますが、留守番は上手に出来ていますか?

井上 私も最初は出来ないんじゃないかと思ったら、意外と平気で。1人遊びも上手だから留守番していることもあれば、犬の保育園にも行くこともありますね。心配なのは、大地震が来た時に私が一緒じゃないからどうしようとか。何があっても私が守ってあげなきゃ!って思うけれど、一緒に居ない時はどうしようって考えると不安ですけれど。でもちゃんと留守番するのがこの子の仕事なんで、私が出かける時には、よろしくね!って感じで任せてます。でも、仕事場にも連れて行けるところは一緒だし、試合のときは控え室にいますよ。そうすると他の選手たちにも可愛がられてますし。

O.B. 女子プロレスラーの皆さんで、犬が好きな選手は多いんですか?

井上 全日本女子の巡業のバスなんて犬が10匹くらいはいつもいましたよ。車内では自分の犬がどこに行ったか分からないし、誰かの犬が私のひざの上で寝てるみたいな感じだったし。途中のパーキングで散歩させたりしていると、凄い数で何の団体だか分からないような感じだったよ。

O.B. 2年ぶりの犬との暮らしはどうですか?

井上 やっぱりいいですよ、犬は人間よりいいよね、裏切らないしさ。駆け引きもしないし。本性でぶつかってくるから、こっちも本気で返せるし。何だか自分が産んだみたいな気がする。「あれっ、いつ産んだっけな?」って思うくらいに。あとは笑顔が増えたし、一人で家にいたら喋らないけれど会話が増えるしね。家に来て5ヶ月経ってようやくこの子の性質が分かるようになってきたから、付き合いやすくなってきたかな。言葉を覚え始めたから、生意気ですよー。ご飯とか散歩とか分かるみたいで、散歩行くの?みたいに首を傾げてる時もあるし。

O.B. 紅緒ちゃんとは、本当に良い関係を築いておられるんですね。さて、井上さんはONE LOVE ACTION!のスペシャル講座にも参加いただいたり、ブログにも書いてくださっていますが、捨てられた犬たちが置かれた現状についてどのようにお考えですか?

井上 犬とか猫とかペットって考えるから別物って感じがするのかもしれないけれど、ひとつの大切な命なんだから人間の身勝手で捨てるなんて、本当にダメだよね。後は、こういう状況に薄々気付いていても、何をしたらいいのか分からないし、自分1人じゃ何も出来ないからって理由で見てみぬ振りを続けてきちゃったんだよね。でも、もうそれじゃダメなんだと思う。私がブログに書いたことに対して真剣に考えてくれる人もいるけれど、自分の犬は幸せでよかったね〜って言うだけで、何も感じない人もいるからね。私より親バカな人も沢山いるんだと思うけど、自分の犬が可愛いと思うなら、なるべく早く殺処分の数を0に出来るように真剣に考えてもらいたいな。まずは1人ひとりが自分たちの家族を捨てるなんてことをしないで、大切に暮らして欲しいですね。

井上貴子(いのうえたかこ)

『井上貴子 オフィシャルブログ』
http://ameblo.jp/takaco-i/
『ONE LOVEチャリティーオークション』
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/other/buy_sell/charity/one_love/