ONELOVE すべての犬に愛と家族を。

ONE LOVE Info

2019.01.31(木) 21:49:46

知りたい!動物愛護への取り組み【取材協力:環境省】 Vol.29
ペットフードについて考えよう ~環境省普及啓発ポスターのご紹介

 ONE BRANDマガジンで人気連載コーナーだった「環境省コラム」がONE LOVE WEBでもスタートしました。動物の命を大切にし、人と動物が共生する社会の実現を目標とした各地の取り組みや、動物愛護に関するさまざまな情報を発信していきます。

 今回は、環境省が新しく制作したポスター「ペットフードについて考えよう」をご紹介します。ポスターにはペットの健康を維持するためのフードの選び方・与え方のポイントがわかりやすくまとめられています。この機会に、ご自身のペットのフードや食事管理を見直してみませんか?

 

■あなたのペットは大丈夫?食事管理の注意ポイントは4つ

 ポスターでは、ペットの食事管理を見直すにあたって、特に注意して確認すべきポイントを4つ挙げています。各ポイントに照らし合わせ、みなさんが普段、ペットに与えているフードやおやつに不適切な点がないか、確認してみましょう。

 

確認POINT1 栄養が偏っていませんか?

 

 犬が雑食の動物であるのに対し、猫は肉食の動物です。したがって、犬と猫では必要な栄養素が大きく異なり、猫は犬よりも、たんぱく質を多く必要とします。また犬も人間に比べるとたんぱく質を多く必要とします。ペットフードや手作りフードを与える際には、たんぱく質を含め、適切な栄養バランスが保たれているか意識するようにしましょう。

 

出典:環境省ガイドライン「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」

 

確認POINT2 塩分を取りすぎていませんか?

 

 犬や猫は、汗によって塩分を体外に排出することができません。人間用の食べ物には塩分が多く含まれていることが多く、犬や猫に与えすぎると肝臓や心臓に負担をかけてしまう可能性があります。おやつやトレーニングのご褒美にチーズやハム、ウィンナー、ビスケットなどを与える際は、犬や猫専用のものを与えましょう。

 

確認POINT3 年齢に合ったフードを与えていますか?

 

 年齢と共に、食事量や栄養素のバランスも変化するため、年齢に合わせたフードを選びましょう。

 フードを急に切り替えると、下痢や嘔吐を起こすケースもありますので、フードを切り替えるときには状態を見ながら1~2週間かけて新しいフードの割合を徐々に増やしていくようにして下さい。また、加齢とともに内臓の働きや運動機能が低下していくので、中高齢期用の柔らかいタイプのものへ切り替えたり、フードを温めたり、お湯でふやかして与えるなど工夫しましょう。

 

確認POINT4 おやつを与えすぎていませんか?

 

 毎日おやつを与えるのが日課になっている飼い主さんも多いものです。ペットが喜んで食べる様子を見ると、ついつい与えすぎてしまいますが、おやつの与え過ぎは肥満の原因に。肥満は犬や猫の体に大きな負担を与え、様々な内臓疾患や関節疾患などのトラブルを引き起こしてしまいます。また、欲しがるものばかり与えると、偏食の原因やしつけの妨げにもなります。おやつのカロリーは、1日に必要なカロリーの20%までを目安にしましょう。

 

 このほか、ポスターではペットに与えてはいけない食べ物(タマネギやチョコレートなど)についてもわかりやすく例示しています。ちょっと目を離した隙に、このような食べ物をペットが誤って口にすることのないよう注意が必要です。

 適切なフードを選び、与えることができるのは、飼い主さんだけです。大切なペットと1日でも長く一緒に楽しい日々を過ごせるよう、常日頃からしっかりとペットの食事管理に気を配ってあげましょう。

 

・普及啓発ポスター「ペットフードについて考えよう」

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/poster08.pdf

 

ペットフードの選び方・与え方について、さらに詳しく知りたい方は、以下の資料をご覧ください。

 

・リーフレット「ペットフードについて考えよう!!」

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_leaf_1803.html

 

・「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide_1808.html

 


◯ 環境省 <<人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト>>


SUPPORTER サポーター募集中!

詳しく見る

累計寄付金額42,882,338円

寄付実績

パートナー



当サイトのリンクについて